FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株ときたらやっぱりFXですね! その1

というわけで、FXについて調べてみました!

FXとは「Foreign Exchange」の略で、 一般的には、異なる国・地域の通貨(例:米ドルと円)を交換する取引である「外国為替取引」のことを指します。

FXは、たとえば銀行の外貨預金のように、実際に売買する外貨相当の日本円を入金する必要はなく、もっと小さな額の資金(取引保証金)だけで、何倍もの大きな額の取引をすることができます。

このときの資金(取引保証金)と、実際に売買する外貨の金額の比率のことを「レバレッジ」といいます。このレバレッジが高いほど、少ない資金で効率的な取引ができますが、その反面、相場が予想と反対に進んだ場合のリスクもまた大きくなりますので注意が必要です。


日経225先物 その2

日経225先物取引は基本的に日経平均株価に連動して動きます。

日本を代表する225銘柄で構成される株価指数が対象なので、株式投資のように財務分析や銘柄選択などの作業は必要ありません。

個別銘柄に投資した場合には、その企業が倒産した場合のリスクも考慮しておく必要があります。これに対して、日経225先物取引は株価指数を対象としているので、倒産リスクを避けることができます。

日経225先物取引は、相場の上昇時には買いから、下落予想時には売りからスタートできますので、相場の下落時にも利益を追求することが可能です。

日経225先物 その1

株取引しかやったことがなかったのですが、つい先日この話をちょっと耳にして調べてみましたので載せてみます!

日経225先物取引は日経平均株価(日経225)を対象とした株価指数先物取引で、将来の特定の日に現時点で取り決めた値段で売買することを約束する取引です。株式売買のように売買代金すべてを支払うのではなく、証拠金を差し入れることで取引可能のため、少ない資金で大きな取引ができます。
日経225先物では日経平均株価の1,000倍(日経225miniは100倍)の値段の取引を行うことになります。

例えば、日経平均株価が16,000円の場合1,600万円(日経225miniは160万円)の取引をするわけです。といっても、株式投資のように取引金額と同じ資金が必要なわけではありません。先物取引ではその取引額に応じた証拠金を証券会社に預けることになります。

ただ、その場合でも利益は1,600万円(日経225miniは160万円)を運用しているのと同じ効果がありますので少ない資金(証拠金)で大きな取引ができるわけです。

みなさん、はじめまして!

このブログでは、この時代を生き抜く方法をいろんな角度からみなさんと一緒に見ていきたいと想います!!!





クリック報酬1.3倍アフィリエイトはFind-A














プロフィール

恐慌突破

Author:恐慌突破
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。